« 金竜の舞 | トップページ | 水上バス »

2009年10月18日 (日)

堪為弄玉媒

弄玉の媒と為るに堪えたり

弄玉(秦の有力者の娘)のために、
よき仲人役を務めたに違いない。

2,600年以上も昔に梅の花を見て杜牧が読んだ詩。
杜牧が友人と梅の花を見ながら美しい女がいたら、
梅の花を話の種に声をかけられるんだけどなって感じの意味らしい。

Kc3a0010

|

« 金竜の舞 | トップページ | 水上バス »

05.書道・茶道・盆栽・金魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堪為弄玉媒:

« 金竜の舞 | トップページ | 水上バス »