« 東 アズマ | トップページ | タコ釣りな一日 Part.1 »

2010年2月25日 (木)

【東アジア選手権】日本代表 VS 韓国代表 回想

8年ぶりくらいに国立の日本代表戦に行ってきたけど試合レポートはなし。
それにしても以前にくらべ気持ちが盛り上がらないし血も騒がない。
フランスWC予選当時の熱い気持ちで観戦したことが忘れられない。
日本VSUAEで隣のオッサンと「モハメド・アリあぶねーぞ」と会話したり、
ロペスの同点ゴールで周り全員が誰彼かまわず叫びながら抱き合ったもんだ。
たしかバスが取り囲まれた試合だ。その行為は良くないが今そんな熱があるか?
様々な経験をしてきて当時と今ではサポーターの成熟度が違うかもしれない。
でも俺はまたあの時のように純粋に日本代表を応援したいだけなんだけどね。

Kc3a0092

●東アジア選手権の自分なりの簡単なまとめ
テレビで中国・香港戦、韓国戦を国立で観戦した。ベネズエラ戦の教訓からサイドに起点を作る方向性は分かったがマニュアル通りで目的と手順を混同していると感じた。スマートだけど迫力がまったくない。「日本らしいサッカー」というフレーズで煙に巻かれている気がする。この三試合が日本らしいサッカーなら岡田監督の考える日本らしさでは勝てないと思う。選ばれるべき選手は揃っていると思うので戦術と組み合せの再考、およびバックアップの準備を強化しなくてはならない。海外組をプラスしても劇的変化はないと思うので結論はこのままではWCでは勝てない。

上記は韓国戦を観戦した次の日にかいた文章だが、
今日までの間に岡田監督の続投が決まりバーレーン戦のメンバーに
小笠原も岩政もいなかった。バックアッパーとして彼らは失格だったのか。
もうこの体制のままWCに行くしかないと思うとやるせなくてしかたがない。

|

« 東 アズマ | トップページ | タコ釣りな一日 Part.1 »

01.football」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【東アジア選手権】日本代表 VS 韓国代表 回想:

« 東 アズマ | トップページ | タコ釣りな一日 Part.1 »