« 金楽 浅草店 | トップページ | 松月庵 浅草・松が谷 »

2010年3月 6日 (土)

J1第1節 川崎 VS 新潟

すべてのサポーターが開幕を待ち望んでいたのか雨なのにスタジアムは超満員。
今年は中村憲剛・ジュニーニョと2003年からの主軸二人を欠いての開幕戦。
少し寂しく何か足りない感がしてしまう。しかしこれも一歩前進するため。
長いシーズン二人にだってケガ・警告で欠場などアクシデントはありえるし、
そんな時に現状のメンバーでも戦えるチームとしての基盤を築く必要がある。
二人に頼りきりのサッカーでは攻守共に脆弱でチームに厚みが出ない。
しばらくは二人抜きの状態で揉まれつつ戦い若手の成長やベースアップに期待。
そこをベースに二人が融合したら様々なパターンから攻撃できる
素晴らしいチームになるに違いないと想像するだけで楽しみでしょうがない。

Kc3a0046

キックオフ前はスタメン全選手がケンゴ14番を着けての写真撮影。
選手にもサポーターにも慕われるケンゴの人柄が偲ばれる。
さてキックオフと思ったら1分もしないうちにレナチーニョのゴール!
このゴールは今シーズンのフロンターレの命運を握っている1点になると思う。
良くない雰囲気・主力不在の不安感を払拭する素晴らしいゴールだった。
そして注目は3150日ぶりにJリーグのピッチに立つ稲本。
キックオフの笛が鳴った時も軽く膝に手をやって前屈みしながら深呼吸。
「さて、ひさびさのJの試合楽しもうか」と聞こえてきそうな貫禄。
長く海外でプレーしてJリーグに戻ってきたから感慨深いものがあるのか。
海外に行く前の自分と経験を積んだ自分との比較をしたりしてるんだろうか。
プレーは本当に素晴らしかった。DFラインの前目アンカーに位置して、
素早い出だしのボール奪取からのカウンター。ここから黒津の2点目。
いや〜稲本素晴らしい。今シーズンは稲本見るために絶対等々力行くべき。
醸し出す雰囲気は成熟したプレーヤーだしやっぱり格が違う。
最後の挨拶でも先頭に立って挨拶しておりチームを率先していく気概が見えた。

ここまでは良いがチーム全体としてはまだまだ完成度が低い。
稲本の後ろのラインの連携が取れていないし位置取りが低すぎるので、
中盤も間延びして前線にボールを運べないからレナ・テセ・黒津は孤立した。
そして小宮山が高めに位置取った時は必ずその空いたスペースを狙われ続けた。
小宮山は新加入で期待大だけどサイドバックとしてはディフェンスが脆弱。
一試合だけで決めつけるのは良くないが森とのバランスは良くないと思う。

いろいろ不満はあるけど、まあ開幕戦勝って良かった。
今日はこれくらいにして次戦に期待。

|

« 金楽 浅草店 | トップページ | 松月庵 浅草・松が谷 »

01.football」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174517/33662024

この記事へのトラックバック一覧です: J1第1節 川崎 VS 新潟:

« 金楽 浅草店 | トップページ | 松月庵 浅草・松が谷 »