« よろず屋 4628 | トップページ | 七里ケ浜【セット:腰〜ハラ】 »

2010年4月11日 (日)

JFL前期第5節 FC町田ゼルビア VS 栃木ウーヴァFC

晴天で最高の観戦日和の今シーズン初野津田。出店も「3種類の焼きそば味較べ対決企画」ですごい賑わい。ハーフサイズもあったのでさっそく2種類買って試食。やっぱ富士宮うまい!上機嫌でゲートから入場したら選手らしき人もチラシを配っている。あれ?津田選手?今日はどうしたんだろうか?ケガか?

さて今日の観戦目的の最大の目玉で、相馬監督が今シーズンどんなサッカーを構成しているのかを注目してみた。フォーメーションは4-4-2で星・飯塚のサイドMFが張り出した型。左右はあまり絞らないでグランドをかなりワイドに使っている。DFラインとFWの距離は短くコンパクトにまとめている印象。昨年のゼルビアはDFラインとFWの距離が間延びしていたので、戦術的にはかなり進化していると感じた。

攻撃は星・飯塚のサイドMFと縦目の関係で、木島・勝又がコンビネーションで抜け出してゆく。または星・飯塚が抜けてクロスを上げる展開が中心。星・飯塚は試合中も左右のポジションをチェンジさせて相手に掴まれないような動きも良かったと思う。ただ星以外に攻撃に緩急のリズムを出せるプレイヤーが見当たらない。今日見た限りでは星の存在がチームの攻撃の生命線。星が不在の時は攻撃のきっかけが掴めないのではないか。ボランチの2人は地味な汗かき役なので展開力にかけるから、おそらく木島のカンンター1本調子になるんだろうな。

サイドバックは右に藤田、左に津田に替わって斎藤広野。藤田は派手さはないけど堅実でチームに落ち着きを与えてくれる貴重な存在。ただスピードがないのでオーバーラップが少なくクロスを上げるシーンがあまり見られなかった。攻撃というよりは守備での貢献が目立っていた。斎藤広野は今日の試合ではあまり良い印象はない。攻め上がっても抜けないし倒れるだけ。クロスもスピード感が足りない。やはり津田の左SBからの攻め上がりはゼルビアの貴重な武器だと改めて感じた。CBは若手の永野・川辺コンビだけどマークが少し軽いのと受け渡しがぎこちない印象。今日のウーヴァ1点目もマークの受け渡しミスから突破されての失点。特に永野はマークする相手と距離を取りすぎている感がする。もう少しタイトにやった方がいいんじゃないかな。

と今日の試合内容を振り返りつつ新戦力を中心にポジションごとの今年の特徴を語ってみました。まだちゃんと触れていないプレイヤーについてはまた次回ゆっくり評論してみたいところ。

|

« よろず屋 4628 | トップページ | 七里ケ浜【セット:腰〜ハラ】 »

01.football」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174517/34180759

この記事へのトラックバック一覧です: JFL前期第5節 FC町田ゼルビア VS 栃木ウーヴァFC:

« よろず屋 4628 | トップページ | 七里ケ浜【セット:腰〜ハラ】 »