01.football

2010年4月11日 (日)

JFL前期第5節 FC町田ゼルビア VS 栃木ウーヴァFC

晴天で最高の観戦日和の今シーズン初野津田。出店も「3種類の焼きそば味較べ対決企画」ですごい賑わい。ハーフサイズもあったのでさっそく2種類買って試食。やっぱ富士宮うまい!上機嫌でゲートから入場したら選手らしき人もチラシを配っている。あれ?津田選手?今日はどうしたんだろうか?ケガか?

さて今日の観戦目的の最大の目玉で、相馬監督が今シーズンどんなサッカーを構成しているのかを注目してみた。フォーメーションは4-4-2で星・飯塚のサイドMFが張り出した型。左右はあまり絞らないでグランドをかなりワイドに使っている。DFラインとFWの距離は短くコンパクトにまとめている印象。昨年のゼルビアはDFラインとFWの距離が間延びしていたので、戦術的にはかなり進化していると感じた。

攻撃は星・飯塚のサイドMFと縦目の関係で、木島・勝又がコンビネーションで抜け出してゆく。または星・飯塚が抜けてクロスを上げる展開が中心。星・飯塚は試合中も左右のポジションをチェンジさせて相手に掴まれないような動きも良かったと思う。ただ星以外に攻撃に緩急のリズムを出せるプレイヤーが見当たらない。今日見た限りでは星の存在がチームの攻撃の生命線。星が不在の時は攻撃のきっかけが掴めないのではないか。ボランチの2人は地味な汗かき役なので展開力にかけるから、おそらく木島のカンンター1本調子になるんだろうな。

サイドバックは右に藤田、左に津田に替わって斎藤広野。藤田は派手さはないけど堅実でチームに落ち着きを与えてくれる貴重な存在。ただスピードがないのでオーバーラップが少なくクロスを上げるシーンがあまり見られなかった。攻撃というよりは守備での貢献が目立っていた。斎藤広野は今日の試合ではあまり良い印象はない。攻め上がっても抜けないし倒れるだけ。クロスもスピード感が足りない。やはり津田の左SBからの攻め上がりはゼルビアの貴重な武器だと改めて感じた。CBは若手の永野・川辺コンビだけどマークが少し軽いのと受け渡しがぎこちない印象。今日のウーヴァ1点目もマークの受け渡しミスから突破されての失点。特に永野はマークする相手と距離を取りすぎている感がする。もう少しタイトにやった方がいいんじゃないかな。

と今日の試合内容を振り返りつつ新戦力を中心にポジションごとの今年の特徴を語ってみました。まだちゃんと触れていないプレイヤーについてはまた次回ゆっくり評論してみたいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

J1第1節 川崎 VS 新潟

すべてのサポーターが開幕を待ち望んでいたのか雨なのにスタジアムは超満員。
今年は中村憲剛・ジュニーニョと2003年からの主軸二人を欠いての開幕戦。
少し寂しく何か足りない感がしてしまう。しかしこれも一歩前進するため。
長いシーズン二人にだってケガ・警告で欠場などアクシデントはありえるし、
そんな時に現状のメンバーでも戦えるチームとしての基盤を築く必要がある。
二人に頼りきりのサッカーでは攻守共に脆弱でチームに厚みが出ない。
しばらくは二人抜きの状態で揉まれつつ戦い若手の成長やベースアップに期待。
そこをベースに二人が融合したら様々なパターンから攻撃できる
素晴らしいチームになるに違いないと想像するだけで楽しみでしょうがない。

Kc3a0046

キックオフ前はスタメン全選手がケンゴ14番を着けての写真撮影。
選手にもサポーターにも慕われるケンゴの人柄が偲ばれる。
さてキックオフと思ったら1分もしないうちにレナチーニョのゴール!
このゴールは今シーズンのフロンターレの命運を握っている1点になると思う。
良くない雰囲気・主力不在の不安感を払拭する素晴らしいゴールだった。
そして注目は3150日ぶりにJリーグのピッチに立つ稲本。
キックオフの笛が鳴った時も軽く膝に手をやって前屈みしながら深呼吸。
「さて、ひさびさのJの試合楽しもうか」と聞こえてきそうな貫禄。
長く海外でプレーしてJリーグに戻ってきたから感慨深いものがあるのか。
海外に行く前の自分と経験を積んだ自分との比較をしたりしてるんだろうか。
プレーは本当に素晴らしかった。DFラインの前目アンカーに位置して、
素早い出だしのボール奪取からのカウンター。ここから黒津の2点目。
いや〜稲本素晴らしい。今シーズンは稲本見るために絶対等々力行くべき。
醸し出す雰囲気は成熟したプレーヤーだしやっぱり格が違う。
最後の挨拶でも先頭に立って挨拶しておりチームを率先していく気概が見えた。

ここまでは良いがチーム全体としてはまだまだ完成度が低い。
稲本の後ろのラインの連携が取れていないし位置取りが低すぎるので、
中盤も間延びして前線にボールを運べないからレナ・テセ・黒津は孤立した。
そして小宮山が高めに位置取った時は必ずその空いたスペースを狙われ続けた。
小宮山は新加入で期待大だけどサイドバックとしてはディフェンスが脆弱。
一試合だけで決めつけるのは良くないが森とのバランスは良くないと思う。

いろいろ不満はあるけど、まあ開幕戦勝って良かった。
今日はこれくらいにして次戦に期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

【東アジア選手権】日本代表 VS 韓国代表 回想

8年ぶりくらいに国立の日本代表戦に行ってきたけど試合レポートはなし。
それにしても以前にくらべ気持ちが盛り上がらないし血も騒がない。
フランスWC予選当時の熱い気持ちで観戦したことが忘れられない。
日本VSUAEで隣のオッサンと「モハメド・アリあぶねーぞ」と会話したり、
ロペスの同点ゴールで周り全員が誰彼かまわず叫びながら抱き合ったもんだ。
たしかバスが取り囲まれた試合だ。その行為は良くないが今そんな熱があるか?
様々な経験をしてきて当時と今ではサポーターの成熟度が違うかもしれない。
でも俺はまたあの時のように純粋に日本代表を応援したいだけなんだけどね。

Kc3a0092

●東アジア選手権の自分なりの簡単なまとめ
テレビで中国・香港戦、韓国戦を国立で観戦した。ベネズエラ戦の教訓からサイドに起点を作る方向性は分かったがマニュアル通りで目的と手順を混同していると感じた。スマートだけど迫力がまったくない。「日本らしいサッカー」というフレーズで煙に巻かれている気がする。この三試合が日本らしいサッカーなら岡田監督の考える日本らしさでは勝てないと思う。選ばれるべき選手は揃っていると思うので戦術と組み合せの再考、およびバックアップの準備を強化しなくてはならない。海外組をプラスしても劇的変化はないと思うので結論はこのままではWCでは勝てない。

上記は韓国戦を観戦した次の日にかいた文章だが、
今日までの間に岡田監督の続投が決まりバーレーン戦のメンバーに
小笠原も岩政もいなかった。バックアッパーとして彼らは失格だったのか。
もうこの体制のままWCに行くしかないと思うとやるせなくてしかたがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

【東アジア選手権】日本代表 VS 香港代表

まずは雨の中観戦されたサポーターにお疲れさまと言いたい。
自分が観客だったら途中で帰宅の路についていたと思う。
それにしても何も発展的な内容がない試合内容だったと思う。
岩政を試さず小笠原をボランチではなく右MFとして先発させる意図が不明。
個人的に心を打たれたのはトゥーリオの戦う気持ちが全面に出ていたこと。
でもポジション的には本来はセントラルがやるべき仕事なのかなと思う。
この日は中盤の連携が悪くしかも常に同じリズムで変化をつけられない。
トゥーリオの動きのような点を取ろうという気迫が不足しているのではないか。
後半になって香港が防戦一方になっている時も、
ただ機械のようにサイドからセンタリングばかりで怖さがない。
しかもあれだけフリーなのにクロスの精度が足りない。
はっきり言って攻撃に迫力が足りないんだよね。
格下の相手が震え上がらせるような戦意喪失するような迫力が。

最後は岡田監督が日本らしいサッカーをやるしかないと語っていたが、
もう日本らしいサッカーとういう言葉にうんざりする。
なんとなくコンセプトは見えているがまったく勝てそうにない。
ワールドカップは最高の結果で2分1敗。最悪は3連敗すると思う。
しかも犬飼会長は他人事のように観客にはもっとブーイングをして欲しい
と発言しているがはっきり言って最も責任があるのは当の犬飼会長だと思う。
不甲斐ないと感じるなら監督交代などの荒療治を実行に移して欲しい。
岡田監督は持てる力を出しているのかもしれない。
もしかしたら日本国内では優秀な監督になるかもしれない。
しかし我々が相手にするのは世界の列強国だ。
日本サッカー協会としてもベスト4を目指すならなら杉山茂樹氏の語るように、
国籍の関係ない監督だけでも世界最高水準を雇用するべきだ。
それはもちろん日本代表が勝つための人事ではあるが、
そこから我々サポーターも新しい監督像・サッカー哲学を学ぶ事が出来るし、
これからの日本サッカーのためになってゆくと思う。
我々がオシム監督からたくさんの気づきを与えてもらったように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

【東アジア選手権】日本代表 VS 中国代表

ベネズエラ戦よりは確かに良かった。
スタメンからサイドに起点を作りたい意図も見えた。
前半立ち上りはプレッシングがきちっとはまって上乗に見えたが、
オランダ戦同様スタミナがもたず前半途中からペースダウン。
全体が間延びしてせっかくのサイド攻撃の意図が薄れてゆく。
何度か右サイドのコンビネーションから良い崩しを見せた。
稲本が素晴らしいサイドチェンジを披露した。
ただ左サイドからの崩しは皆無だしシュート数もすくなかった。
マニュアル通り決められたことだけを淡々とやっているだけに見える。
確かに中国のディフェンスラインは上背もありフィジカルもあった。
しかし世界の強豪のディフェンダーはより強く速くクレバーだ。
まったくもってベスト4なんて夢物語だ。
スマートなだけのサッカーでは絶対に勝てない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

日本代表 VS ベネズエラ代表

なんだかな〜岡田監督のコメントでは良いサッカーみたいな話だったけど。
今回は自宅のテレビが故障して緊急サッカーパブ観戦になってしまったが、
ビール2杯+チキン2個+野菜スティック=¥3,000の価値この試合にないよ!
ホント俺の¥3,000日本サッカー協会に請求したいくらいだよ(笑

スタメンにもがっかり。スタートから平山出して欲しかったな〜
岡崎・大久保コンビじゃタイプが似ていて動きが重なるから効果的じゃない。
そして中盤は左からケンゴ・遠藤・稲本・小笠原と並びやや黄金の中盤系。
小笠原は良かったと思うよ。でもレフト&ライトは中に入らず外に張り出して、
スピードあるタイプまたは1対1勝負できるプレイヤーが必要だよ。
今日だったら石川。俺の好みだとライトに本田、レフトに松井。
じゃないと徳永も長友も尋常じゃない距離を一人で縦移動してばかり。
2人も今日はセンターラインちょっとくらいまでしかあがれてないんじゃん。
そうとうディフェンスラインあげないとコーナー付近までえぐれないよ。
しかもこんなベネズエラ相手に攻めあぐんでいたらどうしょうもない。
4人ともパッサーだからどうしても繋ぐ展開中心でメリハリがないんだよね。
センターのちょっと敵陣寄りでちょこちょこ繋ぎスルーパス狙っている感じ。
ワイドに展開して欲しいし目が回るくらいサイドチェンジを増やして欲しい。
日本人にロングのサイドチェンジが強く正確に蹴れるプレイヤーがいないのも、
問題の一つかもしれないけど今日は稲本がいた。彼なら蹴れるはずだ。
稲本はフル出場したけどあまり目立って良くも悪くもない。
彼は経験があるんだからもっともっとチームを引っ張っていかないといけない。
平山は途中出場したけどあれじゃ可哀想だ。
サイドからちっとも崩しがなくて強引なアーリークロスばかり。
世界を驚かせるのはもう無理だと今日改めて思ったが、
個人的にはサイドから仕掛ける美しいサッカーが見たいと思った。
中盤は遠藤と俊輔のどちらか片方にして本田と松井を起用して欲しい。
本田はスピードがないし世界レベルではまだまだの選手かもしれない。
でも日本代表の中では本田ほど勝負できる選手はいない。
松井は中盤の構成にはあまり絡まずサイドに張ってガンガン勝負して欲しい。
彼のフランスで勝負してきた経験を今こそ最大に活かす時だ。
そこからスタートしてこそ平山の高さが生きるんだと思う。
とにかく中央からスタートではない。起点はサイドからだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

川崎フロンターレ VS 柏レイソル

ちょっと更新が遅れてしまったけど書き留めておこう。
複雑な条件のもと優勝がかかっている最終節ということもあり、
サポーターがどこか普段と違い独特の雰囲気であったことを、
スタジアムの空気感として記憶に残っている。

Kc3a0035

試合開始前は曇りだったのがキックオフ直前から雨が降り出して、
慌ててポンチョを購入しながらの観戦。めちゃくちゃ寒かった!

初制覇のためにこの試合フロンターレはとにかく勝たないと終わりで、
さらにレッズの引き分けまたは勝利という条件の半分他力本願な状況。

Kc3a0036

前半ジュニーニョのPKが決まるまでは緊張でガッチガチの印象だった。
それにしてもジュニーニョよく決めたと思うよ。
ジュニは大切なゴールも決めるがプレッシャーに弱いと思うから。
テセとのPK問題もあったしここは本当に踏ん張ったと思う。
その後「前半で何点入るんだ」という展開に進む。

ハーフタイムで緊張しながら携帯速報を見ると鹿島0 レッズ0 の表示が!
これいけるかもしれないなとここまでは本当に思っていた。
後半フランサにPKを決められてから最後までディフェンス一辺倒。
すっかり足が止まってしまったけど最後よく踏ん張ったと思う。
ただし、また後半途中から黒津が出場したが相変わらずノーチェイス。
何考えてんだろうか?まるっきり自分の状況と役割が分かっていない。
来季は彼よりもトライアウトで松橋章太を獲得した方がいいのでは。

でも実は後半35分くらいにこっそりと携帯速報見てたんだよね。
その時に俺は鹿島先制を確認してしまっていた!
だからすごくやりきれない気持ちで最後まで声援をした。
そして終了ホイッスルと共に谷口・森がベンチに確認しに行ったと同時に、
二人が泣き崩れてしまって俺も今シーズンの終了を知った。
そしてケンゴが悲しそうにサポーターに挨拶する姿を見ていられなかった。

心の底から残念だったし悲しい試合だった。
この日の試合を忘れることは絶対にないと思う。
印象的だった冷たい雨の感覚と共に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月30日 (月)

川崎フロンターレ VS アルビレックス新潟

優勝争いの中のホーム最終戦ということで、
超満員の等々力競技場は少しピリピリとした雰囲気。

Kc3a0034

ここ数試合でポジショニングに問題があると感じていた谷口・菊地がはずれ、
今日は田坂・寺田がスタメンに起用される。田坂すごくいいんじゃないかな。
ボランチから組み立てもできるし守備でもきちっと追える。
サイドでもアタックできてパサーとレシーバーの両方の動きが出来る。
谷口は個人的には好きだがあまりにも展開力がなさすぎるしムラがありすぎる。
うかうかしてると完全に田坂にポジション取られるんじゃないかな。

と、田坂を中心にプレーをみていたが大分戦の敗戦を引きずっていて、
プレッシャーでチーム全体がナーバスになってんのかな。
攻め急いで単調になってしまうしジュニーニョの動きが鈍く大ブレーキ。
ただし守備陣は寺田を中心にすごく落ち着いて対処できていたと思う。

Kc3a0035

レナチーニョではなくジュニーニョを交代させるべきだったと思ったが、
ジュニーニョ→テセで決勝ゴールを決めたので結果オーライかな。
それにしてもひどかったのは黒津!
後半途中からインしてまったくチェイスしない。
シュートをはずしたことを責めるつもりはないが、
黒津が追わずに中盤で相手にフリーにさせすぎて何度も危ない場面があった。
はっきり言って生え抜きだろうがなんだろうが黒津は今日で見限った。
チームのために戦えないプレーヤーはチームに必要ない。
こういう意識の低さがアントラーズとの差として出てくるんだと思う。

Kc3a0036

なんとか勝利して最終戦まで持ち込んだが本当に痛い大分戦の1敗だった。
良いチームだがまだまだ戦い方・メンタル面がナーバスだ。
ここまできたらレッズの勝利または引き分けを願うしかない。
他力本願だが集中すべきことは柏に出来る限りの得点差で必ず勝つこと!
今回こそは勝利の女神が振り向いてくれるんじゃないかと期待している。
そのためにも自分たちが出来ることに全力を注ごう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

川崎フロンターレ VS ジェフユナイテッド千葉

ナビスコ表彰式問題の中、本当によく勝ったと思う。
ピッチ上の選手は感情を表すことに萎縮しているように感じた。
いつもより控えめだったし躍動感にかけた立ち上がりだったと思う。
その中レナチーニョだけは前半から積極的だったしPKも志願して決めた。
開幕当初は個人プレーだけでチームとして機能していなかった彼が、
今日はサイドからの守備だけでなく攻撃も牽引していた。
絶対にこのチームを優勝させるんだという強い気持ちを感じた。
もしかしたらレナチーニョは今シーズンでフロンターレを去るのかもしれない。
だから自分を成長させてくれたチームに何かを残して行きたいのか。
いずれにせよレナチーニョの気迫で新しいフロンターレが動き出した。
ナビスコ決勝が過去となりまた前を向いて進んでゆける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

【ナビスコカップ決勝】川崎フロンターレ VS FC東京

待ちに待ったナビスコカップ決勝!
ついにフロンターレ初タイトルかと思いきや残念な結果に。。
天気も座席もサポーターも最高の環境だったのに。。

Kc3a0003

前半の立ち上がりは悪くなかったと思う。
特にレナチーニョの積極性は良かったと思う。
ただディフェンスラインとケンゴの間の谷口と横山のバランスが悪かった。
谷口は前に突っ込みすぎていたし、
横山はディフェンスからのつなぎを前線に展開できなかったと思う。
だから羽生がすごくフリーになるのが気になっていた。
前半の決定機、谷口の飛び出しからジュニーニョ外す。
ここを決めていれば谷口はディフェンス寄りになったはずなのに。
その直後、谷口の軽いデイフェンスから米本にすかっとかわされ、
スーパーロングシュートを決められてしまう。。
追加点も菊地の軽いマークから平山に悠々ヘッドをきめられてしまった。
なんとか追いつこうとしたが中央ばかりでサイドをぜんぜん使えない。
特に森の右サイドはぜんぜん機能していなかった。

今日の敗因は
●全体的にディフェンスのつきが軽い
●中盤の空いたスペースをうまく使われた
ことが敗因だと思う。
そして特筆すべきは相手キーパーの勇気あるセービング。

米本のシャーを聞いて本当に悔しくなった。
選手達には気持ちを切り替えてJリーグ絶対優勝してほしい。
もうJリーグ穫るしかないっしょ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)